TEL 0586-86-5054

愛知県一宮市木曽川町黒田錦里11

ご予約お問合わせ
住職のことばイメージ

コロナ禍の中での法要

合掌 皆様 日々いかがお過ごしでしょうか。お仕事、生活に様々な変化があるこの数か月でした。完全に元の社会に戻るのは難しいかもしれません。しかし、考えてみればわずか150年程前は「江戸時代」。驚きながらも激動の変化の中に生きていくのが私たちの本来なのでしょう。

お寺の法要も様変わりしました。例年は皆様が一堂に会して行う「春のご先祖供養の行事」も当日は寺院のみで行い、皆様のお参りは後日ひと家族ごとに。僧侶の皆様も同時刻にご自坊で供養のお経を上げていただきました。形は変わっても、ご先祖様や自分の命を大切にする。その心を保っていきたいものです。 再拝

当日の法要の短い動画がご覧になれます。→https://youtu.be/iTww-aEir2c

【動画】妙君寺の歴史について

妙君寺の歴史についてお話しました。

お寺がどのように始まっていくのかが分かります。

一宮市 妙君寺

ご縁

お寺にいると、お坊さんをしていると“縁”~えん~という言葉をよく耳にする。(し、私も口にする)偶然に偶然が重なり 妙君寺に初めて参詣していただいた方がいる。もうそれは本当に「ご縁」なのだ。

まぎれもない「ご縁」なのだけれども。その時私は、この「縁」という言葉を使わずに、この感動を表現できないものかと思う。出会えたこの大きな感動を、「ご縁ですね」という大正解の言葉に行きつく前に言葉を尽くして表してみたいと思うのだ。

言葉ひとつ。こだわってみたいと思いました。

今回も、妙君寺のブログお読みいただいてありがとうございました。

それでも、“ご縁”って使いますよね(^_^)素敵な言葉ですから。

お気軽にお問い合わせください。

はすのわ
TEL 0586-86-5054